人気ブログランキング |

South Wind

カテゴリ:旅ネタ( 10 )


空知散策の続き

で~、次に向かったのが、旧上砂川駅です。
そう、「昨日、悲別で」の舞台になった駅です。
旧歌志内線からすぐの所の、旧上砂川支線(函館本線)の終点です。
f0078943_1103335.jpg

f0078943_1111489.jpg

ここから山を越えて芦別方面に抜けようと思ったら冬期通行止め(泣)
となると美唄しかないしょ~ってことで・・・早速行ってみた。
f0078943_1134073.jpg

旧美唄鉄道 東明駅裏にある、4110式十輪連結タンク機関車2号。
保存状態も良く、駅やホームも当時のまま管理されている様子。
美唄鉄道線路跡は、我路地区までサイクリングロードとして整備されて
自転車があれば走ってみたいですね。

で、ここまで来たら幌内に行かないと!
三笠鉄道記念館でぶらぶらして、炭坑跡から更に奥へと進んだ。
f0078943_1253295.jpg

幌内変電所より奥地で発見した・・・ケケさん、これは何??

林道を登って行ったのは良いが、道が分からないのと
時間も無くなってきたので、本日の散策は終了した。
この林道は旧万字線へと抜けられるようなので
もう少し暖かくなったら再散策してみます。

by ritiidian | 2008-04-29 01:31 | 旅ネタ

豊羽鉱山3

いつの間にシリーズになってますが(^^ゞ
f0078943_39947.jpg

ゲレンデ跡に、前日札幌に降った雪が残ってました。

f0078943_3103775.jpg

スキー場跡から見た、小中学校と鉱山入口の施設。
これらも取り壊されるんでしょうね・・・

by ritiidian | 2007-11-07 03:15 | 旅ネタ

豊羽鉱山2

ふら~っと、更に奥地へ・・・
f0078943_121272.jpg

豊羽鉱山のスキー場跡・・・
ここからの登山道もありますが、山荘のような建物は解体されたようだ。

by ritiidian | 2007-11-06 01:23 | 旅ネタ

空知紅葉散策 -続き-

色付く山々の写真を撮りつつ下山し、次に向かったのが美流渡の幌向川ダム。
f0078943_12455970.jpg

ご覧のように水が・・・(笑)ちょっと予想していた風景とは違いましたが
途中には炭坑遺産も残っており、時間があれば森林鉄道跡も見たかった。

既に14時過ぎだったので、急いで幌内へ移動!
ここは日本で3番目、北海道初の鉄道が敷かれた町です。(小樽、手宮~幌内間)
それと炭坑施設が今でも多数残っている場所です。
f0078943_12465631.jpg

ここは、幾春別にある「住友奔別炭鉱立坑櫓」、昭和35年に建築され
高さ51.52m、立抗内径6.4m深さ740mを誇る、東洋一と呼ばれる立抗でした。
スキップ・ケージ巻き上げ方式を採用し、人車石炭ずりを運び出すことのできる
国内初のシステムを採用していました。
完成当時は「100年採炭できる」と言われていましたが、昭和42年のガス爆発
坑内自然環境の悪化などが重なり、昭和46年10月25日に閉山しました。
しかし、密閉作業中に爆発事故が発生し、 5人の命が失われました。
現在も、その爆発の激しさを見ることができます。・・・とのことです。

残念ながら、ケージまで近寄ることは出来ませんが
炭坑に興味が無い人でも、ここは見るだけの価値はありますね。

次は旧幾春別駅付近で森林鉄道跡を探してみましたが手掛かり無し(泣)
北炭幌内炭鉱幌内立坑櫓(入気)を見ながら、幌内へと移動しました。
ここには、三笠鉄道記念館がありますが、ちょうど冬期休業でした。
この場所から少し奥に進むと、北炭幌内炭鉱の施設が見えてきます。
f0078943_12235985.jpg

ここは「北炭幌内炭鉱変電所」で、建設は大正11年とされています。
清水沢火力発電所から送られてきた電気を変電する役割を担いました。
平成元年幌内炭鉱閉山に伴い閉鎖されましたが
レンガづくりの建造物と屋外変電施設の姿を現在もとどめています。

ここの横を登った辺りに神社があるようでしたが、時間が無いので次へ
付近から林道へ入り、しばらく進んだが何も見付からず捜索終了。
炭坑までの鉄橋や、幌内鉄道の線路を見学・・・
f0078943_12353417.jpg

f0078943_1236496.jpg

ここで今回の空知散策は終了、岩見沢でスープカレーを食べて帰宅。
もう少し時間があればと毎回思いますが、近いのでまたの機会にしよう(笑)

by ritiidian | 2007-10-30 12:42 | 旅ネタ

空知紅葉散策

苦手な早起きも遊びだと出来たり(^^ゞって9時出発ですが(笑)
まず、岩見沢入りして「岩見沢レールセンター」へ向かった。
f0078943_18153860.jpg

ここは、「旧北海道炭礦汽船鉄道株式会社 岩見沢工場材修場」で
開拓使によって開設された幌内鉄道は、明治22年、北海道炭礦に払い下げられ
明治25年開通の岩見沢・室蘭線の車両製造、修理のために
建設されたといわれていますが、建築年など詳細は不明です。
明治中期の建築様式を示しており、外壁には北炭の社紋が組み込まれています。
北海道唯一のレールセンターとして現在も製造、技術開発が行われており
技術史の面からも貴重な文化財です。
日本建築学会において、建築学的に貴重な建物の1棟に選ばれています。

とのこと・・・前々から見たいとは思ってましたが、歴史を感じましたね。
f0078943_18204957.jpg

こっそり中を覗くと、レールがいっぱい・・・

次は旧万字線に沿って毛陽の直売所へ・・・って、これは関係ないか(笑)
旧万字駅(現・簡易郵便局)に住み着いてるネコ達とたわむれて来ました。
f0078943_18245433.jpg

これまたこっそりとホーム跡まで降りてみましたが、雑草が凄い状態です。
一部崩れたりはしてますが、ホームは残ってました。
次は旧万字炭山駅へ向かい、付近をうろちょろ・・・
駅舎は個人所有のようですが、今は廃墟のようになっており
広かった構内には飼われているのか馬がのんびりと草を食べてました。

で、次が目的の「万字炭鉱ズリ山」の登山です。
f0078943_1832749.jpg

ここは、直線775段、総階段数2468段のズリ山階段を整備しており
ズリ山の山頂まで行けるようになってます。
登山と言うほどの難易度はありませんが、山頂から見る紅葉は最高でした。
f0078943_18361743.jpg

f0078943_1840391.jpg


続く・・・

by ritiidian | 2007-10-29 18:45 | 旅ネタ

旧深名線散策の続き

朱鞠内湖をぐるっと回り、士別峠からトヨタの試験場なんかを覗き(笑)
剣淵の道の駅で休憩・・・売店をうろうろし、トイレに寄って旭川へ。
まずホテルのチェックインを済ませてからガソリンを入れたけど・・・
旭川って安い~!!札幌より9円くらい安かったはず~!
で、街までちょっと距離のあるホテルだったので、ジャスコで晩ご飯。
今回の目的、蕎麦の次はラーメンってことで、やっと達成出来ました(笑)

翌日は江丹別経由で幌加内に入り、またまた蕎麦を食べる(爆)
ここは旧深名線 幌加内駅前にある「松屋食堂」、今回で2回目となる。
f0078943_21251100.jpg

以前はまだ駅舎も残っている時に来たが、今は面影も見当たらない。
f0078943_2151372.jpg

このまま275号を北上し、239号霧立峠を越え羽幌到着が13時過ぎ。
もう昼ご飯か?!とは思ったが時間がないので・・・(^^ゞ
羽幌ならココ!と決めていた「北のにしん屋さん 海鮮食堂」へ。
蕎麦→ラーメン→蕎麦と続いたので、海鮮カレーライスを食べた。700円
f0078943_2211243.jpg

この後、羽幌のお菓子屋さんでおやつを買ったり、付近を散策して留萌へ。
時間があれば炭坑方面も行きたいが、次回のお楽しみにした(笑)
で、留萌では駅前でカマボコを買い食いして、黄金岬からの夕陽を見た。
f0078943_2251270.jpg

晩ご飯で悩んだが、食べてばかりの1日だったので(笑)そのまま増毛へ向かい
コンビニに寄り、青山地区を経由し、一面の星空を見てから帰宅した。
なかなか充実した旅だったが、旧深名線は残っている物が少ないなぁ。
旧羽幌線は線路跡までハッキリ分かったのに・・・

by ritiidian | 2007-10-10 02:38 | 旅ネタ

市内散策

お昼にいつもの中華屋であんかけ焼そばを食べ南下。。
とりあえず食後のデザートを求め、定山渓へ行き温泉まんじゅうを購入(デザートか?)
ここまで来たら20年ぶりの豊羽鉱山跡を見に行かないとね~
付近はすっかり廃坑らしい景色になり、稼働していた山も静まりかえっていた。
昔行った時は採石を積んだダンプの往来が凄かったけど
今は廃坑マニア?渓流釣り・山菜採り客の車を数台見ただけだった・・・
f0078943_11211780.jpg

↑鉱山で働いていた重機達。このまま土に返るんだろうか・・・
f0078943_11225891.jpg

↑豊羽小中学校。まだ新しい校舎だが今後解体されるのだろうか・・・

by ritiidian | 2006-07-24 11:24 | 旅ネタ

平成18年度 第一管区海上保安本部総合訓練

長いタイトルだ・・・(汗)
ま、簡単に言うと海保の訓練を公開する為に体験航海するイベント。
私は小樽生まれなので、子供の頃にも船内公開などへ行きましたが
今は『海猿』の影響もあるのか、すごい人でした(^^;
f0078943_0101460.jpg

巡視船そうや
総トン数 約3100トン、全長98メートル×幅15メートル×深さ8メートル
速力 約20.0ノット(約37Km/h) 竣工 昭和53年11月 於日本鋼管(株)鶴見造船所
f0078943_011080.jpg

↑小樽港沖合にて総合訓練
f0078943_0133223.jpg

↑これが、ホンモノの海猿(笑)
f0078943_01448100.jpg

↑千歳航空基地所属 YS-11A型←レア?
f0078943_0155165.jpg

↑不審船を追尾。この後、発砲し被疑者を制圧するまでの訓練。
f0078943_0162531.jpg

↑フェアウェル(お見送り)、江差所属らしい一発芸で(笑)
f0078943_01646100.jpg

↑根室所属のフェアウェル。後ろでは牛が踊ってた(笑)

初めての体験航海だったが、一度は見る価値アリでした~

by ritiidian | 2006-07-22 23:58 | 旅ネタ

サロマ湖・丸瀬布へ

お昼ご飯ですっかり満足したとこですが時間は押してる(笑)
もう寄り道してる時間も無いので、湧別町のサロマ湖先端まで急いだ。
ここはいつ来ても寒いです!今回は晴れても気温が低いのでフリース着て来ましたが
ここが1番寒かったですね~オホーツク海も激しく荒れてたし・・・
f0078943_13305080.jpg

んで、こっちがサロマ湖
f0078943_13314336.jpg

ここから湧別に戻って、次は旧名寄線の中湧別駅跡に向かった。
かつての湧別支線が敷かれていた道路を走って行くと正面に現れる。
f0078943_13373442.jpg

f0078943_13374714.jpg

ここの跨線橋に使われているレールも見てみました(笑)最古で1911・・・
この後、お決まりのチューリップを遠目に見て、丸瀬布へ(入場500円もするから(^^ゞ)
f0078943_1345699.jpg

これから眠気のピークが続き、いこいの森で休憩zzz
今日も雨宮21号は元気に走ってました(画像のは動いてないけど)
f0078943_13485678.jpg

ここから引き返さず山間に向かい、散策開始~
ず~っと山路を登って行くと絶景と広大な牧場がありました。
f0078943_13512881.jpg

f0078943_13521593.jpg

山を下り国道に出て旭川へ向かいました。ラーメンラーメン♪

by ritiidian | 2006-06-06 13:54 | 旅ネタ

そして湧別へ

芝桜・旧北見滝ノ上駅舎ですっかり満足したとこだったが目的の半分も消化してない。
とりあえず、お昼には湧別町に入りたかったので出発した。

次に向かったのが、旧渚滑線の上渚滑、公園にポツンとホームを造られ
昔ここに鉄道が敷かれたことを今に残す為に作られたようだが・・・
ホームが実際の線路より90度くらいズレてる?!
公園の近くに線路の跡を確認したが、絶対ありえないほどのズレだ。
おそらく、公園の敷地上ズラさないと配置が出来なかったと思われるが残念でならない。
f0078943_156485.jpg

もう少し旧渚滑線の散策もしたかったが時間も無いので次に向かう。
上渚滑の町から山越えの林道に入り、途中から道道へ合流し、また林道へ
道幅の狭い所もあるが、路面は走りやすくフラットダートが続く。
山の中で寄り道をしていたら、時間が無くなってしまった(^^ゞ


牧草地に出てしばらく行くと国道238号が見えてきた。
その付近で旧名寄本線の小さな鉄橋跡を見付け停車(笑)
f0078943_2103168.jpg

国道に乗り、時間があればサロマ湖まで行ってから湧別に戻る予定だったが
お昼も近かったので、先にお昼ご飯を食べることにした(爆)
湧別町にある「リボン食堂」にて、ホタテ定食と焼き鳥定食←なぜ鳥なんだ?
f0078943_2134638.jpg


量も味も満足したとこで、サロマ湖に向かった(続く)

by ritiidian | 2006-06-05 02:14 | 旅ネタ